nginxでwww有無のリダイレクトを制御(bitnami編)

gears ブログ運営
Image by MustangJoe from Pixabay

『WordPress with NGINX and SSL Certified by Bitnami and Automattic』、つまり「bitnami」を使った環境でのwww有無をコントロールしたい場合の設定についてまとめました。 wwwなしのURLで、wwwありのURLが表示可能となるように設定するのが目標です。

やりたいこと

https://taka-output-blog.com
へのアクセスがあった時、現状のままだと、
https://taka-output-blog.com
のまま動きます。これを、強制的に
https://www.taka-output-blog.com
として動作するようにしたい。

環境情報

本環境は、GCP(Google Cloud Platform)において、マーケットプレイスより『WordPress with NGINX and SSL Certified by Bitnami and Automattic』により構築されたサイトで行っています。

設定方法

  1. sshに接続する
  2. bitnami.confを修正する
  3. nginxを再起動する
  4. 動作確認

sshに接続

GCPのCompute Engineからsshで接続します。参考画像、余計に映ってて見にくくてすみませんが、参考にしてください。

bitnami.confを修正する

設定対象ファイル:/opt/bitnami/nginx/conf/bitnami/bitnami.conf

以下の3行を追加します。viなどエディタを使うといいです。(sudo権限が必要でした)

if ($host != "www.taka-output-blog.com") {
    return 301 https://www.taka-output-blog.com$request_uri;
}

nginxを再起動する

nginxを再起動します。下記コマンドを打ってください。図のようなメッセージで知秋同完了です

sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart nginx

動作確認

さて、動作を確認してみましょう。狙い通りの動作になっていそうです。

本設定の参考URL

参考サイト:Redirect www to non www url

(その他)jwilder/nginx-proxyの場合はもっと簡単

Dockerを活用したリバースプロキシ環境「jwilder/nginx-proxy」の場合は、nginx側でなく各サービスごとに、「VIRTUAL_HOST_ALIAS」という環境変数を使えば制御できるので便利です。詳細は下記記事。

ブログ運営
スポンサーリンク
takaをフォローする
アフターファイブ改革

コメント

タイトルとURLをコピーしました