【第3回】無料でWordPress環境を構築する(ドメイン設定編)

GCP ブログ運営
GCP

はじめに

GCPのデプロイでWordPress環境は入手できました。WordPress体験するには十分ですが、IPアドレスでのアクセスのままというわけにはいきません。URLドメインでアクセスできるように設定していきましょう。

スポンサーリンク

URL(ドメイン)設定・SSL化

URL設定(ドメイン取得)

上記のままですとIPアドレス(http://35.230.79.240のような数字)です。これでも世界中どこからでもアクセスできますが、ちゃんとしたURLにしたい場合は、「ドメイン取得」が必要です。

  • 無料ドメイン
    • freenomを使うと無料でドメイン入手できます。
  • 有料ドメイン
    • お名前.com が有名。「.com」などのドメインを取得できますが有料です。

私の場合は下記です。

「taka-output-blog.com」はお金払ってまで維持するドメイン名とは思えず個人的には後悔してます。有料ドメインだけは初めが肝心。ブランド化につながるため命名は慎重に行って下さい。

freenomでの無料ドメイン取得

今回、当記事説明用にfreenomにて「takablog2020.tk」というドメインを入手しました。

freenom

freenomのアカウントを持っていない場合、まずはドメインの選択から開始します。

freenomの注意点

続行して取得していきますが途中「Period」(期間)の選択があります。freenomでは12か月まで無料です。無料で使い続けるには、期限前2週間以内に手動で延長手続きが必要です。今回は3か月にしました。

freenom-period
freenom-period

なお期限が近付くと下記のようなメールが来ます。忘れずに手続きしましょう。

freenom-renewal-mail
freenom-renewal-mail

ドメイン取得したらIPと紐づけます

Freenom DNS が無料で使えます。ドメイン取得後にメニューから選択してください。

GCPで取得した静的IPと紐づけます。DNS情報の伝搬(世界中に情報が拡散される)には多少時間かかります。

freenom-dns
freenom-dns

DNS登録結果の確認

下記のように「IPアドレス」の接続だけでなく、「ドメイン」でも接続できるようになってれば成功です。

URLでアクセス確認
URLでアクセス確認

SSL化

IPとドメインが紐づいたら、SSL化もしておきましょう。
GCPのデプロイ結果画面からSSHを選択してコマンド入力画面を表示させます。

ssh起動
ssh起動

無料のSSL証明書Let’s Encryptを設定

ご自身のドメイン・メアドの実態に合わせて実行してください。

本コマンドでは、「https://ドメイン名」と「https://www.ドメイン名」の両方をSSL化させます。途中「Y/n」を問われたらyを入力しましょう。

# ドメイン名とメールアドレス
myhost=takablog2020.tk
mymail=[email protected]

# 確認
echo myhost : $myhost
echo mymail : $mymail

# コマンドの実態
sudo /opt/bitnami/letsencrypt/scripts/generate-certificate.sh -m $mymail -d $myhost -d www.$myhost

WordPressの設定修正(wp-config.php)

「WordPress with NGINX and SSL Certified by Bitnami and Automattic」で立ち上げたWordpressでは、wp-config.php内の設定が「http」ベースになっています。

下記コマンドをコピペで実行してください。(viエディタなど利用できる方は直接修正でもOKです)

sudo sed -i -e "[email protected]://@https://@g" ~/apps/wordpress/htdocs/wp-config.php

https(SSL)でのURLアクセス確認

下記のとおり「https://www.takablog2020.tk」で接続できれば成功です。
※httpでなくhttpsでアクセスできるのがポイント

httpsでのアクセス確認
httpsでのアクセス確認

まとめ

ここまでの設定で、URL(ドメイン)でのアクセスをhttps(SSL)で接続できるようになりました。これで十分ブログを開始できます。

しかし、GCPの無料枠だけでなく、無料CDNのCloudflareを使った高速化設定をしておくと盤石になります。初めが肝心。今のうちに高速化設定に挑戦しておきましょう。

【第4回】無料でWordpress環境を構築する(チューニング編)

ブログ運営
スポンサーリンク
takaをフォローする
アフターファイブ改革

コメント

タイトルとURLをコピーしました