「オーギュスト・ルノワールによる15人の子供の肖像」を弾く天才子供ピアニスト発見

2019/12/30 日記
2019/12/30

2019年12月30日(月)の日記ブログ。

ピアノの連弾練習

今日はピアノの連弾練習のために外出。相方がね、優しいことに「普段、お仕事忙しそうなので、負担の少なそうなの選びました」ってことで上記の楽譜。

オーギュスト・ルノワールによる15人の子供の肖像」という曲です。

私、連弾経験って全然なくって。やってみて、合わせてみるものですね。右側に座る人をプリモ、左側に座る人をセコンドと呼び、セコンドがペダルも担当する。私はプリモですが、セコンドと指がぶつかったり、手がぶつかったり、肘があたったり、いやぁ。なかなか難しいものですね。

でも、あってくると楽しい。いやぁ、連弾っていいものですね(笑)

ちなみに、上記楽譜は、15人分の肖像画のイメージで作曲された15の曲があります。非常に楽しいですね。

っで、どんな曲か。。。良い動画ないかなと探したら、すごい天才の子供ピアニストの動画見つけてしまった。すごいですよこれ。完璧だし。12曲目がめっちゃムズイのですよ。練習中の上手ではないズレのある演奏を弾かなければいけないのですが。さすがにこれだけは楽譜を見るってのがね。ちなみにこの子供たち、テレビにも出演するほどの天才みたい。すごいわけだ。

楽譜はこちらをどうぞ:オーギュスト・ルノワールによる15人の子供の肖像

転職エージェントからの催促

先日のエージェントから、まずは小手調べとばかりに、35の求人をもらっていた。早速「見てもらえましたか?方向性あってますか?」的なメッセージ。そんな全部急に見れないのだが、それで煽るのは、心理作戦もあるのかな。普通はそれで「焦り」を生みます。「焦り」は判断を誤りそうだ。自分のペースでやっていこう。今の職場は色々考え物だけど、だからといって、そこまで焦ってないのよ。

なので、「ちょっと待って」って返信しておいた。

さて、ちょっとずつ蓋を開けてみて、やっと10社見たという途中状況ですが、所感をメモっておく。

  • 現状と同じ匂いがするとトキめかない。やはりどうせなら新しいところことしたいんだということを再発見。
  • 年収が現状以下だとトキめかない。でもこれはね、選り好みが無理な場合は我慢すべきことかな。
  • 「 経営視点で戦略的システム 」とか「攻めのIT」と書かれている割に、必須スキルがコミュ力。そういう企業様からは「社畜の臭い」を感じる
  • SAPと書かずにABAPと書かれている企業様。見る人が見ればわかるということか。ある意味でスキルの見極め方法として巧いかもしれないが、2025年の崖には、「SAP ERPサポート終了」ってはっきり書かれており、毒饅頭の匂いガプンプンする。

まだ25社残っている。このさき、トキめきを感じる会社出てくるかな。楽しみ。

今日という一日を振り返ると

  • 連弾の練習して
  • 採用情報の確認して
  • そんなこんなでブログ更新

ということで、このブログの日記カテゴリは力を抜いて好き放題書きます。Twitterもやってますので良ければフォローお願いします。

日記
スポンサーリンク
takaをフォローする
アフターファイブ改革

コメント

タイトルとURLをコピーしました