泥棒洞窟実験が示す、組織の壁の正体。上位目標をうまく設定せよ。

The Model 日記
The Model

2020年4月3日(金)。。。金曜日ともなると、疲労がだいぶたまる。今何とかブログに向かっているが、眠気がヤバイ。今日は日記つけて寝ます。

今日は仕事しながら、「泥棒洞窟実験」を思い出しながら組織運営のことを考えていた。

泥棒洞窟というのは、キャンプ場の名前。キャンプに参加しているある集団をチーム分けする。Aチーム、Bチーム、競わせたりして。そうすると、Aチーム、Bチームは敵対する。この敵対感情、一度発生するとなくすのが容易ではない。飲み会やろうが、そうそうなくならないのだとか。

AチームBチームが仲良くなるにはどうするか。そのためには、共通の目標となりうる上位の目標を与える。この有名な実験の場合、Aチーム・Bチームともに必要な飲料水のタンク修理とか、双方共通で必要な作業を共同でやらせることで、仲良くなるのだそうです。

そういうエピソードを思い出しながら、今いる組織に当てはめてみたり、上位目標とするにはどんなことがいいんだろうと言ったことを考えていました。

このあたりの話は、「THE MODEL(MarkeZine BOOKS) マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス」という本が非常に参考になる。こうした本も振り返りながら、組織運営のことをもう少し考えていこうと考えている。

ブログを本格的に毎日更新するようにし始めてから、曜日感覚がおかしくなりつつある。やはり、それなりに体力使う。。。疲れが最近取れない。

ちょっと無理しているのかもしれない。会社員やりながらの毎日更新って大変なんだなって思う。今日はちょっと休もう。

今日は、こんな駄文になってしまった。他の日の記事もあまり変わらないが、良ければ色々読んでもらえたらうれしい。読んでもらえるように、魅力的な文章書けるようにならなきゃね。。。日々勉強。

日記
スポンサーリンク
takaをフォローする
アフターファイブ改革

コメント

タイトルとURLをコピーしました