1on1ミーティングというスキル!

2020/01/09 日記
2020/01/09

2020年1月9日(木)の日記。今日は新年会なので、軽く。。あれ、昨日も内容薄かったですが…

1on1ミーティング

いま、1on1ミーティングという言葉が流行っている気がします。要するに上司・部下の1対1での面談なのだと思いますが。

単なる面談?というのが何かわかりませんが、採用面談や、業績評価面談、人事考課などと比較すると、主体・目的が少し違ってきます。

1on1ミーティングの目的は、「部下に考えさせる」「部下にやる気を出させる」ことを誘導することが目的となります。そのために、上司にも努力が必要となります。上司が部下の考えを引き出したり、やる気を掘り起こす、という意味なのです。

そうなると、まず、そもそも嫌われてたら1on1は成立しない。そこはクリアしたとしても、普段の業務のように、「上司からの指示」や「上司からの助言」とした場合、「部下が考える」ことにつながらない可能性が出てきます。「指示されたからやる」「言われたから実行する」となりがちであり、そこに「考えたから」「自分の意志」が欠落してったら、失敗です。

だから、実は、「上司側の振る舞い」が難しい。

といったキーワードで言われる各種の面談テクニックとなるようです。

逆に言えば、今、上司側の立場に慣れる人々は、この難しい振る舞いを一から鍛錬できるチャンスです。

必要となるのは、下記だと言われている、らしいですが、試行錯誤で開始してみます。

  • ティーチング
  • コーティング
  • フィードバック

試行錯誤しつつ1on1ミーティングの開始

私は、上司側の立ち回りです。いいチャンスですね。以下を意識して実現場で1on1に臨んで見ました。

  • 準備
    • 部下主体であることを伝える
    • 評価とは無関係であることを伝える
    • 上司側も素人ということを伝える
  • 会話開始
    • 以下を意識する
      • 質問…話題作りの意味もある。現状とか未来とか何か話題を引き出す
      • 傾聴…相手を遮らない。少しでも気配ある限り待つ、そして聴く。
      • 認知…理解する努力、共感、同意、など
  • 終了時
    • フィードバック
      • 部下にとって良かったか
      • 今後、よりよい1on1を目指して、改善点がなかったか

初回やってみての反省

  • 初回として特に意識したこと
    • 傾聴とか、相手のペースを待つとか、合わせる、とか、が苦手のため、まずは「傾聴」を意識して臨んだ
  • 良かった点
    • 部下は普段は話さないような内容も含め、部下のペースで話ができた。
  • 悪かった点
    • 部下として、話せたことには満足したが、その結果として得られたものがなかった。(終了時のフィードバックで部下から言われて気づいた)

ここでは、もっと前向きな気持ちで完了できるべき。これを受け、次なるテクニックはポジティブフィードバックとかでしょうか。というあたりを反省中。

やってみて思うのですが、「傾聴」だけでも普段の自分が持たないスキルを使います。でもその結果は素晴らしいです。部下も一生懸命に話そうとしてくれるし、「思いもよらない話題」をしゃべってくれます。

「え?そこ?」とか、「そう思ってたの?」とか、驚かさること必至。

なお、もちろんのことですが、具体的中身は全体に漏らしてはいけない。紳士協定でもありますし、不信・疑念は、今後の継続的な1on1が不可能になります。お口チャック!!

参考本

色々難しいですし、自己流の状態は良くない。もっと体系的なスキルを身につけるチャンスです。

そこで、自分のためにも、今後の参考にしてみたい本をいくつか挙げてみました。自分もまだ読めてないのでお勧め具合が言えないですが。

日記
スポンサーリンク
takaをフォローする
アフターファイブ改革

コメント

タイトルとURLをコピーしました